実家で親バレせずに借金するなら銀行振込で融資可能な消費者金融の利用がベスト!

消費者金融のキャッシングは、必ずやカードを自宅で受取しなくても銀行振込で融資をしてくれる借入方法があるので、借金がバレて困る親と別府の実家で同居してる人は大いに喜ぶべき面です。

親に完全にバレずにキャッシング申込をしたければ、通話記録や不在知らせが残る家の固定電話や郵便ではなく、自分名義のスマホやパソコンからWEB契約するのがベストです。

WEB契約を取り扱ってる消費者金融は1つもないと言っても過言ではなく、プロミスやアコムならスマホの写真機能を使って簡単に保険証や給与明細のコピーを即座に送信でき、営業時間内の即日融資にも漕ぎつけられます。

ちなみに消費者金融会社の中には、1週間だけ無利息でキャッシングできるノーローンという貸金業者も存在し、1回完済すると翌月以降も再び金利なしで借金できる特典を活用できます。

つまり利息を浮かせる事でキャッシング返済のスムーズな円滑化が図れるので、特に短期間で大きな費用を借入したい人は是非賢く使いたい効率的な顧客サービスと言えます。

 

返済期間及び金利でキャッシングの利用有無を判断する

クレジットカードは非常に便利ですが、無くすなどした場合に悪用されてしますリスクがあります。
最近は盗難にあった場合などの保証も充実していますのでその辺りは安心です。

またキャッシング機能は、うまく使えば非常に便利です。しかし、使い方を間違えると
借金返済までに労力をすごく費やすことになります。そうならないために、キャッシング機能を
使う前にポイントを押さえましょう。

一番大きいポイントは借入金額に対して計画している返済期間及び金利ととの関係です。
まず、キャッシングの金利は高いです。最大で年間18%前後などあります。

つまり、100万円借りた場合、1年後に帰したとすると118万円がかかることになります。

毎月一定額ずつ返しているとあまり気にならないかもしれませんが、単純に9.8万円払う計算になります。
この金利が5%なら、1年後は105万円、返済期間が半分なら109万円といった具合です。

この金利と返済期間の関係はいたって単純ですが、重要です。
キャッシングの利用方法としては、短期借り入れがベストです。

つまり、数週間後や1か月後などに返済のめどが確実に立っていて
支払いができるなどという状況であれば、手続きもい簡単ですし、良いでしょう。

しかし、1年かけての返済計画であれば、高い利息を払い損をします。
そういった場合は、目的ローンなどで手数料を払ったとしても低い
金利のもので計画的な返済計画を立てましょう。